これから引き寄せの法則を始めたいあなたへ

自分を好きになるおすすめの方法!才能発見ツールストレングスファインダー

こんにちは。モッチリング(@RingMotti)です。

あなたは「ストレングスファインダー」を知っていますか?

「ストレングスファインダー」というのはWEBでできる才能診断ツールのことです。

もし自分の才能を診断してくれるツールがあるとしたら、受けてみたいなと思いませんか?

自分の才能を知ると自分の得意不得意がわかるだけでなく、何かものごとを選ぶときにしっかりとした判断基準がわかります。

いままで何となく選んでいたことが

モッチリング

自分に向いているのはこっち!

みたいに、自信をもってものごとを決められるようになるんです。

こちらの記事ではこんなことを書いていきます。

  • ストレングスファインダーの説明
  • わたしが実際にストレングスファインダーを受けてわかった才能
  • 才能を強みにするための方法

「自分にはどんな才能があるか知りたい」という人はぜひ参考にしてくださいね。

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーはアメリカにあるギャラップ社が開発した自分の才能を把握するための診断ツールです。

趣味ブロガーで有名なクロネさん(@kurone43)がツイッターで取り上げたこともあり、一時期とても話題になっていました。

わたしもクロネさんのツイッターで「ストレングスファインダー」のことを知りました。

「自分の才能がわかるなんておもしろそう」という好奇心から受けてみたのですが、やってみてほんとうによかったです!

これまでわたしは何かうまくいかないことがあったとき

モッチリング

まわりのみんなは簡単にできることが、なんでわたしにはできないんだろう

と自分をよく責めていました。

でも、ストレングスファインダーを受けてからは自分の得意なことを自分で認めてあげられるようになったんです。

自分の才能を理解できると「自分にある才能を伸ばそう」というふうに自然と考えれらるようになります。まわりの人と比べて落ち込むということも減りました。

ストレングスファインダーにおける才能の説明

才能っていうと限られた天才だけがもっているものというイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。

この記事を読んでくれているあなたにも、あなただけの才能があります。

ストレングスファインダーでは才能をこのように定義しています。

無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン

無意識にくりかえし現れるという部分がポイントです。

心理学でよく言われていることですが人は自分で意識できている部分は10%にもありません。ほとんどの部分は無意識なんです。

そう考えると、無意識の部分がわたしたちの普段の行動や人生にあたえている影響はかなり大きいことがわかりますよね。

ストレングスファインダーを受けると、無意識にくりかえし現れる思考や行動パターンを自分で理解することができます。

自分にあった考え方や方法を自然と選べるようになるのでとても生きやすくなります。

才能を34個に分類。自分の中で発揮される優先順位を知ることができる。

ストレングスファインダーでは人の才能を34個の資質に分類します。

ストレングスファインダーを受けると、34個の資質が自分の中でどのように発揮されるかの優先順位を見ることができます。

順位が高い資質ほど、無意識のうちに頻繁に使っている資質ということです。

資質の並びかたや組み合わせが自分の特徴であり、自分らしさです。

この34個の資質というのも、ギャラップ社があらゆる職種で活躍している人にインタビューをした結果を分析してまとめたものです。

信頼性はとても高いです。

実際に企業でも導入されていて、有名な企業ではあのサイバーエージェントにも使ったことがあるそうです。

モッチリング

もっといろんな会社に導入が進んでほしいものですね

ストレングスファインダーを受ける方法

現在、ストレングスファインダーの受ける方法は3種類あります。

  • 本を買う
  • ネットから直接申し込む
  • スマートフォンのアプリを利用する

この中でわたしのおすすめは本を買う方法です。

本をおすすめする理由は料金がいちばん値段が安いことと、34個の資質の解説がついているからです。

こんな感じで、本には34個の資質の解説が書いてあります。(これは最上志向という資質のページ)

34個の資質の解説は読んでいるだけでもかなりおもしろいです。

強みの生かしかたや活用方法についてのヒントもいっぱいのっています。これはストレングスファインダーの結果が出たあとにとても役立ちます。

本を買うと、本の後ろにストレングスファインダーを受けるためのアクセスコードがついています。

とじ込みの中に診断を受けるためのアクセスコードが書いてあります。

とじ込みの中に書いてあるアクセスコードをストレングスファインダーを受けるためのサイトicon-external-linkへ入力します。

ストレングスファインダーの本を買うときにひとつ注意することがあります。

本は必ず新品を買いましょう。

本についているアクセスコードは1回しか使えません。中古の本を買うと前の持ち主がコードを使ってしまっている可能性があります。

そうすると、せっかく本を買ったのにテストを受けることができません。

近くの本屋さんにストレングスファインダーの本が置いてない場合はAmazonや楽天などのネットショップを使うと便利です。

本を買った後、ストレングスファインダーの詳しい受け方を知りたい場合はこちらのサイトを見てみてください。

ちなみにストレングスファインダーの質問は約180問あるので意外と時間がかかります。(目安は30〜40分くらい)

さらに1問につき約20秒という制限時間があり、全ての質問に直感的にパパッと答えていかないといけません。

わたしはこういったテストを受けるのは学生以来だったこともあり、けっこう疲れました。笑

モッチリング

お休みの日など、ゆっくり時間が取れるときに受けてみてください。

ストレングスファインダーを受けたらやること

自分の34個の資質の順番を全部見てみる

ストレングスファインダーを受けて最初にわかるのは、自分の発揮しやすい資質の上から5つ目までです。

実は、全部の資質の並びかたの順番をみるには追加料金がかかります。

お値段は約8000円

モッチリング

うーん…ちょっと高い。

そう、たしかに高いんです。

ですが、自分の才能を知るためには全ての資質の並びかたがどうなっているかを理解しておく必要があります。

ストレングスファインダーで診断が出たうち上位5つの資質が自分の強みなら、下位の5つの資質は自分の弱みです。

強みと弱みはうらおもて。強みをいかしていくうえで、弱みを理解することはとても大事です。

人は成長や周りの環境によって性格や行動パターンが変化することはありますが、自分のなかにある無意識の基本的な資質は生きていてそんなに変化するものではありません。

そう考えると、8000円の追加料金というのはけっして高くはないと感じています。

モッチリング

わたしにとっては将来のための自己投資となりました

もしあなたが「自分の才能を知りたい」と考えているなら、ぜひ全部の資質の並びかたを見てみることをおすすめします。

34個の資質全ての結果を見る方法はこちらのサイトがわかりやすかったです。ぜひ参考にしてください。

自分の上位5つの資質と下位5つの資質を確認する

追加料金を払うと、34個の資質が自分のなかで発揮されやすい順番に並んだ結果表が見られます。

結果をひととおり確認したら、自分の結果の中で上位5つの資質と下位5つの資質を確認していきましょう。

ストレングスファインダーの結果をそのまま使ってもいいのですが、何ページかに分かれてしまうのですこし見づらいかもしれません。

わたしのおすすめは自分コンパスさんの配布しているシートです。

このシートを使えば、ストレングスファインダーで出た結果を見て順番に資質を選んでいくだけで簡単にわかりやすい一覧を作ることができます。

わたしの場合はこんな感じになりました。

上位5つの資質と下位5つの資質をくわしく見ていきます。

調べる方法はストレングスファインダーの本を読みます。本にはそれぞれの才能の特徴、具体例、行動につなげるためのヒントがたくさん書いてあります。

自分の資質のページを読んで

モッチリング

たしかに自分これそうかも!(上位の資質)

モッチリング

これは全然あてはまらないなあ(下位の資質)

と思える部分をメモしていきます。

英訳された本なので原文のままだと少し意味がわかりにくい表現があるかもしれません。

その場合はネットで調べてみるのがおすすめです。わたしはこちらのサイトを利用させていただきました。

34個の資質がひとつずつ詳しく説明してあって、とてもわかりやすかったです。

先ほどの表から、わたしの上位と下位5つずつの資質を書きだすとこうなります。

▼モッチリングの上位5つの資質(強み)

  1. 内省
  2. 学習欲
  3. 最上志向
  4. 運命思考
  5. 成長促進

▼モッチリングの下位5つの資質(弱み)

  1. 社交性
  2. 指令性
  3. コミュニケーション
  4. 適応性
  5. 自我

それぞれの資質の説明を読んで自分へあてはめていきます。

わたしの場合はこんな感じになりました。

▼モッチリングの性格の強み

  • いろんなことを学ぶことに喜びを感じる。(学習欲◎)
  • 一人で考える時間を取ることによって学んだことの理解を深めることができる。(内省◎)
  • 起きたことには全て意味があると考えていて、全体の流れを読むのが得意(運命思考◎)
  • また、人の強みを見つけたり、活かしてあげたりするのが好き。(成長促進◎+6位に「個別化」の資質)

▼モッチリングの性格の弱み

  • 物事を人に伝えることが苦手(コミュニケ―ション×)
  • 知らない人と仲良くなるのに時間がかかる(社交性×)
  • 他人から評価されることにあまり関心はない(自我×)
  • 人を引っ張っていくのは苦手(指令性×)
  • 突然の状況の変化には弱い(適応性×)

自分で書いていても

モッチリング

うんうん。たしかにわたしにはこういう特徴があるなあ

と納得の結果です。

上位5つの資質だけでなく、下位5つの資質も一緒に見ることで自分の性格の特徴がぐっとわかりやすくなりました。

資質のカテゴリ別に順位に偏りがないかみる

34の資質は4つのカテゴリに分けられます。

  • 実行力…「何かを実行したい」資質
  • 影響力…「人に影響を与えたい」資質
  • 人間関係構築力…「人とつながりたい」資質
  • 戦略的思考力…「頭脳活動をしたい」資質

引用:自分コンパス icon-external-link

資質のカテゴリ順番に偏りがないかをみていきましょう。

先ほど紹介した自分コンパスさんの配布シートを使うと自動的にカテゴリ別に色分けがされるのでとても便利です。

私の場合はカテゴリ別の偏りにとても特徴があります。

上位にランクインしている資質のほとんどは戦略的思考力(青)と人間関係構築力(赤)です。

実行力(緑)はほぼ真ん中くらいに入っているので、頭で考えて自分が納得できれば実行力についても問題ないと考えられます。

そして特徴的なのが「影響力」のカテゴリです。なんと「最上志向」以外の影響力の資質がは全部下位に入っていました。

わたしはもともと引っ込み思案な性格なので

モッチリング

影響力の資質は低いだろうな…

と思っていましたが、予想通りでした。

私の課題は影響力。つまり「人に影響を与える」という部分だとわかります。

才能を生かすために必要なことを考える

ここまできたらあと一息です。あらためて自分の強みを振り返りましょう。

自分の性格の特徴や資質をカテゴリ別に分析したことで

モッチリング

こんなことができれば、もっと自分の強みを発揮できるのになあ

っていうものが見つかりませんか?

あらためて、わたしの性格の特徴をまとめたものがこちらです。

  • 様々なことを学ぶことによろこびを感じる
  • 学んだことは1人で考える時間を取ることによって理解を深めることができる
  • 人の強みを見つけたり、活かしてあげたりするのが得意
  • だけど、人に影響を与えたり、伝えたりする能力が弱い

わたしはこの特徴を見ていてあることに気づきました。

それは学んだこと、気がついたこと全てが自分1人の中で完結してしまうということです。

モッチリング

なんかこれすごくもったいない…

せっかくいろんな知識をつけることが好きだったり、人のいいところを見つけたりする才能があるのに、それを人へ伝える才能が弱いんです。

足りない資質を克服する方法は2種類ある

自分の足りない資質を克服する方法は2種類あります。

  1. 自分の足りない資質をもっている人とパートナーを組む
  2. 自分である程度のレベルまで克服する

よくおすすめされる方法は①の「自分の足りない資質をもっている人とパートナーを組む」ことです。

お互いの弱みを補うことができるのでうまくチームワークが取れます。

例えば「慎重性」といって何事にも慎重に取り組む資質の高い人は、「指令性」というリーダーシップに優れた資質を持つ人をパートナーにするといいという感じです。

ただ、わたしは②の「自分である程度のラインまで補う」というのも必要だと考えています。

「自分はこれが苦手だから」といって最初からあきらめてしまうというのは「なんか違うな」と思うんです。

わたしの場合は「影響力」の資質が弱いです。

しかし、自分の考えをきちんと相手に伝えるためにも最低限の「影響力」は自分でも身につけておきたいなと考えています。

「影響力」の資質の本質は「人に伝えること」です。つまり発信です。

わたしは「影響力」の資質を克服するために、発信力をつけられる方法を考えました。

わたしは「内省」という1人になって考える資質がいちばん高いです。なので、自分が考えたことを発信するまでにゆっくり時間をかけられるものがいいなと思いました。

最終的にわたしが出した答えは「ブログ」でした。

自分で考えたことをブログという形で表現して人に伝える。発信力をつけるにはぴったりの方法です。

今もこうして発信力をつけるため、ブログを書いています。

もともとわたしは自分の思っていることを外にアウトプットする作業が苦手でした。

しかし、ブログを続けているうちに少しずつ自分の考えをまとめることがうまくなってきました。

苦手な資質でも強みを生かして、こつこつ継続をすればきちんと成長することができます。

やりかたはひとつではないので、いろいろチャレンジしてみるといいです。

大事なことは才能に投資して自分の強みを伸ばすこと

ストレングスファインダーを受けて大事なことは、自分の強みをどう生かしていくのか考えることです。

ストレングスファインダーの本にもこのように書いてあります。

あなたの才能を真の強みにするには、身体的に強くなるのと同様、猛特訓すればよい。

才能はもっているだけでは意味がありません。練習やスキル身につけて初めて自分だけの強みとなります。

こちらのツイートがとてもわかりやすいです。

自分の強みは才能と投資(スキルや知識をつけるための努力)の掛け算で考えるととてもわかりやすいです。

例えば10の成果を出すときに

  • 才能が5ある人は2の投資でいい
  • 才能が2しかない人は5の投資が必要

となります。

わたしはストレングスファインダーを受けるまでは、苦手なことは克服したほうがいいと考えていました。

しかし「才能×投資(スキル+知識)=強み」の方程式を知ってからは、自分の得意なことをもっと伸ばしたほうがいいという考え方に変わりました。

自分の得意な才能に投資して強みをみがくことは自分らしさにつながります。

ストレングスファインダーを受けて自分の才能を知ったあとは、才能を生かすために必要な知識やスキルを考えてみましょう。

追記:プロの方にストレングスファインダーの結果を見てもらいました

ツイッターでプロの方にわたしのストレングスファインダーの結果を見ていただきました。

今回、わたしの資質を見てくれたのは知識茂雄(@s_chishiki)さんです。

知識さんはストレングスファインダーを開発したギャラップ社の認定ストレングスコーチで、ストレングスファインダーのプロの方です。

読み込んでもらった結果の中でわたしがいちばん印象に残ったのは

ご縁を大切にするあなたは、きっと自分の学んだことを自分以上に活かして出会っているはずです

という部分です。

いままでわたしは何かを学ぶのが好きでした。自分の気になることはなっとくするまでとことん調べる性格です。

でも、自分で知識を深めて満足したらそれで終わりだったんです。

今回ストレングスファインダーの結果をみてもらって、これからは「誰かに伝えること」をこころがけていきたいなと思いました。

わたしが好きで身につけた知識や学びが誰かの役に立つとしたら、それはとても素敵なことです。

「自分の学んだことを自分以上に活かしてくれる人」に出会えるように、自分の強みをもっとみがいていきます。

まとめ

以上、才能診断ツール「ストレングスファインダー」と活用方法の紹介でした。

自分らしく生きるためには、自分の才能を理解して、知識や経験を投資し、自分だけの強みを身につけることが大事だと思いました。

ストレングスファインダーを受けたことがないあなたは、ぜひ受けてみてくださいね。

きっと自分の強みを見つけるきっかけになるはずです。

こちらの記事があなたらしい生きかたをみつけるための参考になればうれしいです。

今回紹介した本はこちら