これから引き寄せの法則を始めたいあなたへ

早起きができなかったわたしが毎朝5時に起きられるようになった方法

こんにちは。モッチリング(@RingMotti)です。

わたしは毎日早起きをしています。

早起きを始めたきっかけは「会社員だけど、平日でもゆっくり自分の時間を確保したい」と考えたからです。

実際に早起きをしてみるとこんなにたくさんのメリットがありました。

  • 生活リズムが整う
  • 平日でもゆっくり自分の時間がとれる
  • 健康になれる

モッチリング

一言でいうなら、早起き最高です!

実はわたしはもともと早起きがすごく苦手でした。

しかし、この記事に書いたことを実践するようになって、今では毎朝5時に起きられるようになったんです。

この記事では、早起きが苦手だったわたしが毎日早起きできるようになった方法を説明します。

早起きが苦手なあなたはぜひ参考にしてみてください。

睡眠時間は変えないで、寝る時間を早くする

早起きをするためにいちばん大切なことは、睡眠時間をしっかり取ることです。

夜遅くまで起きているのに、起きる時間だけ早くしたら寝不足になってしまいます。

自分にとって理想の睡眠時間は確保しつつ、寝る時間を早めましょう。

モッチリング

目標は21時30分、遅くても22時にはベットに入ります。

人間の標準的な睡眠時間は7〜8時間です

わたしの場合はだいたい7時間30分〜8時間寝ると、頭もスッキリして無理なく起きれるのでとてもいい感じです。

このあたりはそれぞれのライフスタイルによっても変わってきます。

あなたにとって無理のない、いちばん就寝時間をぜひ探してみてください。

お風呂は夕食前に入る

もともとわたしは夕食を食べた後お風呂に入るのが習慣でした。

しかし、早起きをするためお風呂に入る時間を夕食後から夕食前にしました。

モッチリング

理由は、夕食後にお風呂に入るとほぼ確実に寝落ちをしていたからです…

わたしは携帯をお風呂に持ち込むのですが、ツイッターやYoutubeを見つながらあったかいお風呂に入っているとつい眠くなってしまうんです。

夕食前に入れば、お腹が減っているので「体が温まったらさっとお風呂からでよう」という気持ちになります。

最初は夕食前にお風呂に入ることになんとなく抵抗がありましたが、慣れたら全然気にならなくなりました。

とくに女性の場合は、帰ってすぐにお風呂に入るとお化粧が落とせるので肌への負担が減るのでメリットです。

モッチリング

わたしも早起きを始めて、肌がきれいになりました!

休日も同じ時間で起きるようにする

早起きを続けるためのポイントは休日の過ごしかたです。

休日もなるべく平日と同じぐらいの時間で起きるようにしましょう。

モッチリング

わたしは休日でもだいたい6時ぐらいには起きてます!

平日だけ早寝早起きをしても、休日に夜更かしをしてしまっては早起きの習慣が身につきづらくなります。

あわせて読みたい

新しいことを始めたいならハードルはとにかく低く!超良書「小さな習慣」レビュー※後日追記

最初は少し辛いかもしれませんが、慣れれば休日でも自然と朝早く目が覚めるようになるので大丈夫です。

休日も平日と同じ時間起きるようにすることで、無理なく早起きの習慣を身に付けることができます。

毎朝、早起きしてやりたいことを決める

早起きを続けるためには「モチベーション」がとっても大事です。

そのためには「早起きをして何をしたいのか」を決めましょう。

ヨガだったり資格の勉強だったりなんでもいいのですが、とにかく自分の好きなことをするのがおすすめです。

モッチリング

わたしの場合は趣味のブログを書いたり、読書をしたりしています。

とくにブログの執筆作業みたいに「アウトプット」する作業は、朝にやるのがいちばん効率がいいです。

モッチリング

今では一緒に早起きをしてブログを頑張る仲間ができました!

わたしは出勤間にのんびり自分の好きなことができるようになって、毎日がほんとうに充実するようになりました。

「早起きはつらい」というイメージがあるかもしれませんが、毎朝やりたいことがあれば楽しく早起きを続けることができます。

まとめ

早起きが苦手だったわたしが毎日早起きできるようになった方法を書きました。

わたしは早起きをはじめてから、毎日がとっても楽しくなりました。

平日でもゆっくり自分の好きなことができるようになり、時間の使いかたがうまくなったと感じています。

毎日を充実させたいというあなたには「早起き」がおすすめです。

モッチリング

この記事を参考にぜひ取り入れてみてくださいね!