これから引き寄せの法則を始めたいあなたへ

【ストレングスファインダー】コミュニケーションの資質とコミュ力の違い

こんにちは。モッチリング(@RingMotti)です。

こないだ、わたしは才能発見ツールの「ストレングスファインダー」を受けました。

「ストレングスファインダー」は自分を理解するのにとても役立つおすすめのツールです。

ただ、結果を見てひとつショックなことがありました。

コミュニケーションの資質の順位がすごく低かったんです。(全34資質中32位)

モッチリング

もしかして、わたしってコミュニケーション能力低い…?

わたしは会社の仕事柄、いろんな年齢、立場の方とコミュニケーションをとる機会がとても多いです。

そのため「コミュニケーションの資質が低い」というのはとても不思議でした。

しかし、いろいろ考えているうちに「コミュニケーションの資質」と「コミュニケーション能力」は別のものということがわかったんです。

この記事では、「コミュニケーションの資質」と「コミュニケーション能力」の違いについて説明します。

わたしと同じように、コミュニケーションの資質が低くてショックを受けたあなたはぜひ参考にしてください。

コミュニケーション能力とは「他者と伝え合う能力」

最近は「コミュニケーション能力」がとても重視されるようになりました。

就職活動で企業が学生に求める能力の上位にも「コミュニケーション能力」がいつも入っています。

「コミュニケーション能力」を辞書で調べてみると、このように書いてあります。

社会生活において、他者と円滑に意思の疎通が行える能力。コミュ力(りょく)。 

「デジタル大辞泉」

これを読むと、コミュニケーション能力はお互いに思っていることを「伝え合う能力」のことだというのがわかります。

つまり、自分が考えていることを相手へ伝える、相手の話を聞いてそれを理解してあげることです。

あなたの周りにもお話ししていると、すごくしゃべりやすい人っていますよね。

そういう人はコミュニケーション能力が高いと言えます。

モッチリング

会話がうまい人がこれです。

コミュニケーションの資質とは「他者へ伝える能力」

一方、ストレングスファインダーに書いてある「コミュニケーションの資質」の説明はこちらです。

説明すること、描写すること、進行役を務めること、人前で話すこと、書くことが好きです。

(中略)

「単なる事実」を「物語」に転換させて、それを上手に語ります。

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 」

自分の考えや体験したことを他者へよりイメージ豊かに伝えることが得意だということです。

ストレングスファインダーでの「コミュニケーションの資質」とは、「他者へ伝える能力」のことだというのがわかります。

つまり、ストレングスファインダーの「コミュニケーションの資質」は「発信」の能力です

ここには相手の話を理解するという部分は含まれていないんです。

モッチリング

まさにプレゼンのイメージですね。

コミュニケーションとは「会話(=言葉のキャッチボール)」である

コミュニケーションには必ず「話す人」と「聞く人」がいます。

あなたもコミュニケーションは「言葉のキャッチボール」という有名な例えを聞いたことがありませんか?

会話は「話す人」と「聞く人」が役割を変わりばんこに果たすことで初めて成立するんです。

よく、お話し好きな人が一方的なマシンガントークを繰り広げていたりしますが、それはコミュニケーションの能力とが高いとは言えないですよね。

モッチリング

話を聞いているととても疲れます…

そう考えると、ストレングスファインダーのコミュニケーションの資質(=発信力)が高い人とコミュニケーション能力が高い人とは限らないはずです。

「コミュニケーションの資質」が低くても、他の資質でカバーできる

わたしのストレングスファインダーの結果はこちらです。

結果を見てわかるとおり、わたしはストレングスファインダーの「コミュニケーションの資質」がとても低いです。

モッチリング

実際、人と会話をするときも話すのは苦手です…

そのかわり、わたしには人とのコミュニケーションですごく得意なことがあります。

それは「相手の話をよく聞いて、理解すること」です。

わたしいつもこんなことに気をつけながら、相手の話を聞いています。

  • この人はどういう人なのか
  • 何を話すのが好きなのか
  • この言葉はどういう返答を期待しているのか

そうすると、相手が言って欲しい言葉をいちばん良いタイミングで自然と伝えてあげることができるんです。

わたしはストレングスファインダーでいう「コミュニケーションの資質」、つまり話すこと(=発信)では強みをもっていません。

しかし、わたし自身の言葉は少なくても、相手が気持ちよくお話しできるよう心がけれていけば会話はつながるんです。

モッチリング

いわゆる聞き上手ってやつですね

わたしは将来カウンセラーになりたいという夢があるので、今後「人の話を聞くスキル」についてもっと勉強したいなと考えています。

自分にあったコミュニケーション方法を見つけることが大事

大事なのは「自分にあったコミュニケーション」の方法を見つけることです。

ストレングスファインダーで「コミュニケーションの資質」が低かったからといって、落ち込む必要はありません。

「コミュニケーションの資質」は発信力であり、「コミュニケーション能力」とは別のものだからです。

話し上手だけがコミュニケーション能力ではありません。聞き上手も立派なコミュニケーション能力なんです

わたしはもともと人とのコミュニケーションが苦手でした。

しかし、今は自分に合ったコミュニケーションの方法を見つけたので

モッチリング

人とお話しするのってすごく楽しい!

と、思えるようになりました。

ストレングスファインダーで「コミュニケーションの資質」が低くても、自分にあった方法がわかればコミュニケーションの能力はアップさせることができます。

あなただけのコミュニケーションの方法をぜひ探してみてください。

まとめ

「コミュニケーションの資質」と「コミュニケーション能力」の違いについて説明をしました。

ストレングスファインダーを受けた結果、「コミュニケーションの資質」が低くても落ち込む必要はありません。

コミュニケーション方法は「発信する」以外にもいろいろあるからです。

きっとそれを突き詰めていけば、自分にあったコミュニケーションの方法を見つけることができます。

それはきっとあなただけの強みになるはずです。

「コミュニケーションの資質」が低いと悩むあなたにとって、この記事が参考になればうれしいです。

ストレングスファインダーの本はこちら