【SANGO】ブログ初心者が有料テーマを使うべき理由

こんにちは。モッチリング(@RingMotti)です。

ブログテーマには有料と無料のものがあります。

ブログを初めたばかりの人は、無料テーマと有料テーマ、どちらを使ったほうがいいのか悩みますよね。

結論から言うと、初心者こそ早めに有料テーマを使ったほうがいいです

こないだ、わたしもついに有料テーマを購入しました。

実際インストールを終えて、自分のブログのデザインを見たとき、「なんでもっと早く買わなかったんだろう」と感じました。

この記事では、わたしが有料テーマを使うようになった理由と実際に有料テーマを使ってみてよかった点ついて書いていきます。

有料テーマを買おうか悩んでいるブロガーさんは、ぜひ参考にしてください。

ブログを始めて最初は無料テーマでも問題なかった

いちばん最初に、このブログを作ったときは無料テーマを使っていました。

でも、もともと無料テーマを使うつもりはなくて、本当はブログを立ち上げたときに「有料テーマも一緒にインストールしよう」と思っていました。

わたしがいつも参考にしているブログは、どこも有料テーマを使っていたし、デザインも有料テーマにのほうがかわいいものが多いかったからです。

ところが、いざブログを開設してみると、ワードプレスのインストールや、サーバーの契約、ドメインの取得など、想像以上にやることがいっぱいありました。

わたしが本格的なブログをつくるのが初めてだったこともあり、ブログを開設するだけで疲れてしまったんです。

そんななか、有料テーマをインストールする気力がなくなってしまい、

モッチリング

有料テーマどうしよう…

と思って調べてみると、無料テーマでも大丈夫なことがわかりました。

いろいろ考えた結果、いったん無料テーマをつかうことにしました。

無事にテーマの設定も終わり、記事を書いてはどんどんブログへアップしていきました。

しばらく使っていても、とくに不便なこともなかったので「なんだ!無料テーマでよかったじゃん!」って思っていたんです。

ブログのデザインが可愛くないことがモチベーションを下げた

そんなわたしが、有料テーマを使うようなった理由はこれです。

自分のブログのデザインが可愛くないことが、ブログに対するモチベーションの足を引っ張りだしたからです。

だいだい10記事目を過ぎたころでした。

文章を書くことにも慣れてきて、ブログの記事をアップするのもだんだんとスムーズになってきました。

すると、わたしは

モッチリング

もっとブログを可愛いデザインにしたいな

と思うようになりました。

わたしが使っていた無料テーマは使いやすかったんですが、デザインがシンプルすぎて、物足りなかったんです。

そのころから、他の人のブログのデザインを見ては、「自分のブログのデザインは全然可愛くない…」と落ち込みことが多くなりました。

ブログを書くのは楽しいけど、自分のアップした記事は自分の思っているような見た目にならない。

自分のなかで、ブログのデザインに対する「理想と現実のギャップ」がどんどん大きくなっていきました。

最終的には

モッチリング

ブログは書きたいけど、自分のブログは見たくない

という感じになってしまい、ブログを開くことも嫌になりました。

今思い出しても、このときはとても辛かったです。

初心者が無料テーマ使うとカスタマイズがとても大変

無料テーマを使って、ブログのデザインを自分のイメージ通りにしたいなら「カスタマイズ」が必須です。

WEBページのデザインは「CSS」というデザインを指定するコードを使って作られています。

ブログのデザインには、トップページのレイアウトや、見出しのかたちなど、いろんなものがあります。

もともとのデザインを自分の好きなものに変えたいと思ったら、分で「CSS」を調べて、ブログの設定画面にコードを書いていかないといけないんです。

無料テーマは必要最低限の機能しか入っていないので、シンプルなぶん、カスタマイズがやりやすいというメリットはあります。

問題は、わたしはこれまで「CSS」を全く触ったことがない初心者だったことです。

無料テーマをインストールした後、わたしがいちばんはじめにやったことは「見出しの設定」です。

カスタマイズには「CSS」を調べて、設定画面にコードを書き込む必要があるとわかったので、早速やってみることにしました。

ところが、わたしがはじめて「CSS」のコードを見たとき

モッチリング

これは、魔法の呪文か何かかな?

と本気で思いました。

説明に「この場所にこのコードをそのまま貼り付ければいい」と書いてあっても、「コードをそのまま貼り付ける」っていうのがどういうことなのか、初めはさっぱりわかりませんでした。

当時のわたしのWebデザインの知識はこんな感じです。

わたしのような初心者が自分で調べながらやっていくと、簡単なデザインの変更するだけでも軽く2〜3時間はかかっていました。

CSSと格闘するのが嫌になった

こんなわたしでも、最初は無料テーマでカスタマイズを頑張っていました。

「自分のブログを可愛くしたい」という思いがそれだけ強かったんです。

可愛いと思うCSSを検索したり、ふきだしのプラグインなどを入れてみたり、自分好みのブログにするために、いろいろなことを試しました💦

でも、2週間くらいそんなことを繰り返していたある日、「わたしは何をやっているんだろう」とぷつんと何かが切れました。

モッチリング

わたしはWebデザインがやりたくて、ブログを始めたわけじゃない!こんなの無理!!

ってなりました。

わたしがブログを始めたのは、自分の考えを文字にして誰かに伝えたいからです。

誰かに何かを伝えたくてブログを始めたのに、デザインを整えるのに精一杯で記事を書く時間がとれない。

 

でも、デザインがこのままだと、可愛くないから記事をアップしたくない。

もうどうしたらいいか、わかりませんでした。

わたしが「これじゃブログが続けられない!もう有料テーマを使おう!」と決心したのは、13記事目を書き上げたころでした。

有料テーマを入れたら、ブログデザインの悩みが解決した

わたしは「SANGO」という有料テーマを選びました。

参考 心地よいWordPressテーマ「SANGO」

CSSと格闘するのはもう嫌だったので、初心者でも簡単にカスタマイズできて使いこなせる、デザインが可愛いテーマを探しました。

そんなわたしに「SANGO」はぴったりだったんです。

理由はこちらです。

  • デザインが可愛い
  • 公式のサポートがしっかりしているから、初心者にはぴったり
  • 使っている人が多いので、カスタマイズ記事もたくさんある
  • 「ふきだし」がプラグインなしで使える

あとは、名前がかわいかったからです💓

13記事目を書き上げたころに購入し、デザインを整え終わって、導入が終わったのが15記事目ぐらいです。

なんとかインストールを終えて、自分のブログにアクセスすると、すっきりとしたデザインのブログが表示されました。

モッチリング

有料テーマをインストールしただけなのに、すごい!

って単純に思いました。

自分のブログ「Re:born」が生まれ変わった瞬間でした。

有料テーマでも色や見出しの設定は必要だが、初心者でも簡単にできた

もちろん有料テーマを使っていても、ブログのパーツの色や見出しについては多少設定が必要です。

しかし、「SANGO」の場合は「公式のカスタマイズガイド」が充実しています。

何か困ったことがあればカスタマイズガイドを見れば、ほぼ自力で解決することができます。

参考 SANGOのカスタマイズSANGO カスタマイズガイド

何か困ったことがあれば、カスタマイズガイドを見て、そのとおりにやるだけです。

情報がわかりやすくまとまっているので、わたしみたいに「CSS」とか、そういうWEBデザインの知識が全然なくても大丈夫です。

見出しのデザインも、「カスタマイズガイド」から自分の好きなデザインを選んで、好きな色のコードに書き換えるだけでさくっと設定できました。

無料テーマのときのようにひとつひとつ検索して調べながらやらなくていいので、全然早かったです。

ブログのテーマカラーや見出しの色については、配色サイトやデザインの本を参考にしながら決めました。

参考にしたデザインの本はこちらです。

配色を決めるのに少し時間がかかりましたが、色が決まってしまえばあとはブログの設定画面へ設定していくだけなので、あっという間にできました。

「SANGO」の場合は、色の設定画面が多すぎないのも初心者に優しいところです。

自分の好きな色の組み合わせを選んで設定すれば、あとはテーマがいい感じに統一感を出してくれます。

こんなかんじで、3日くらいかけてテーマの設定をしました。

全ての設定が終わったとき、

モッチリング

こんなに簡単に設定ができた!

と感動しました。

ブログのメインは、記事を書くこと

あなたは何のためにブログを書いていますか?

自分以外の誰かに伝えたいことがあってブログを書いているなら、いちばん優先すべきことは記事を書く時間です。

記事書くモチベーションが、デザインのせいで上がらないのなら、今すぐ有料テーマを使いましょう。

「ブログの記事を書く」という本来の目的からそれることに、時間はできるかぎり減らすべきです。

勘違いしてほしくないのは、無料テーマがダメってわけではないです。

無料テーマはシンプルなぶん、個性が出しやすいし、カスタマイズがちゃんとできればそれがブログの魅力になります。

ただ、初心者が自分が思った通りのデザインを実現するためには、カスタマイズに求められるはレベルが高すぎるんです。

もともとブログをやってた人やWEBデザインの知識がある人ならいいですが、初心者にはカスタマイズが大変すぎます。

ブログにはやることがたくさんある

そもそも、ブログを書くって一言でいっても、やることはたくさんあります。

  • 記事のテーマを考える
  • 見出しを考える
  • 記事をかく
  • 見出しなど記事のデザインを整える
  • 強調する文章を考え、読みやすくする
  • 必要な画像をやリンクをはる
  • アイキャッチ画像をつくる

今、パッと思いついただけでこれだけあります。

ブログは常に作業が山積みです。

記事を書き上げても、今度は読みやすくするために記事のデザインを整えたり、それが終わったらアイキャッチをつくったり。

こんな感じで、さまざまな作業を1人でこなす必要があります。

最初のころは、わたしも記事を下書きの画面に書き上げたあとに

モッチリング

まだこんなにやることが残ってる〜

ってなってました。

初心者が1記事をアップするのは本当に大変な作業なんです。

「ブログは続けているだけですごい」とよく言われていますが、実際やってみるとその大変さがわかります。

初心者はあれもこれもと欲張らずに、1つずつできることを増やしていったほうが負担が少なく済みます。

わたしも最初とにかく、文章力を上げることに力を入れていました。

新しく記事をどんどん仕上げていくことが大事だと思ったので、伝えたい部分は太字にするだけでしたし、記事に画像も入れていませんでした。

アイキャッチもPowerPointで作っていて、白黒のアイコンにタイトルを入れただけのシンプルなものでした。

最初は読者なんていないので、見た目は最低限整っていれば大丈夫です。

凝った画像をつくったり、強調部分を考える時間があれば、そのぶん早くきちんとした文章がかけるようになったほうがいいです。

そのほうが、結局、自分のブログの魅力を高めることに繋がります。

いい文章でも、デザインが悪ければ読まれない

いい文章でもデザインが悪ければ読まれません。

あなたもわからないことがあって、検索してたどり着いた記事が、読みにくそうだったらすぐ画面を閉じちゃいますよね。

そう考えると、文章をわかりやすく使えるためにデザインの力は有効です。

逆にいえば、ある程度の文章力の低さはデザインでカバーできます。

文章力は、ブログを書き続けていけば自然と身についてきます。

わたしもこの記事で18記事目になりますが、最近ようやく自分でも

モッチリング

文章力が上がってきたかも

と思えるようになりました。

わたしも最初は1000文字書くのもやっとでしたが、数をこなすにつれて文字数も3000〜4000字は楽に書けるようになりました。

ただ、文章力は急に身につくものではないので、それまではデザインの力を借りて、ブログの魅力を上げることも必要です。

ブログを構成するのは、文章力とデザイン

ブログの魅力は「文章力」と「デザイン」で決まります。

わたしが「この記事素敵だな」って思うものは、下に書く3パターンのどれかに当てはまります。

  1. 役立つ情報がわかりやすく書いてある
  2. デザインが魅力的
  3. ①.②の両方を満たすもの

①の「役立つ情報がわかりやすく書いてある」というのは、そのままです。

自分の求めている情報がわかりやすく、まとまっている記事のことです。

②の「デザインが魅力的」というのは、デザインが楽しくてつい見てしまうという記事のことです。

アイキャッチが可愛いとか、載っている写真がおしゃれとか、そういうものが含まれます。

ブログのいいところは、文章力だけで魅力が決まらないところです。

有料テーマを使えば、デザインはそこそこ整います。

なので、自分の訪れてくれた人が②みたいに「デザインが魅力的だな」と思ってくれる可能性があがります。

もちろん、ブログのメインは記事なので、最終的には③の「文章力とデザインを両方兼ね備えたブログ」を目指すのがいいです。

わたしも、このブログを情報量とデザインどちらも満たしたブログにしたいと考えています。

有料テーマを入れたあと、読みやすい記事にするために整えるべき3つのポイント

わたしが有料テーマを入れた後、読みやすい記事をにするためにデザイン整えました。

整えた部分がこちらです👇

  • ブログのテーマカラー
  • テーマカラーに合わせて、見出しの色とデザイン
  • 強調する文字のルール決め

最低、この3つポイントだけ決めておけば、見やすい記事が完成します。

わたしのブログも、この3つのポイントを決めた後は記事の読みやすさがぐんと上がりました。

モッチリング

デザインの力ってすごい!

と思いました。

ブログのデザインは後回しでいいと書いてある記事もありますが、わたしは自分でやってみて、記事内のデザインだけは早めに整えたほうがいいと思いました。

デザインを整えるだけで、同じ文章でも読みやすさが全然違うんです。

「ブログ全体のデザイン」と「記事を読みやすくするためのデザイン」は別です。

記事内のデザインは文章の読みやすさに関わってくる部分なので、読者のためにも早めにルールを整えてしまうのをおすすめします。

有料テーマにお金を払うのが嫌問う人は、結局損をする。

有料テーマを入れようか考えたときに、もうひとつ問題になるのが「お金」です。

わたしが有料テーマを見ていて、「これ、いいな」と思うテーマは値段が高いものも多かったです。

わたしが選んだ「SANGO」の値段は10800円なので、けっして安くはないです。

わたしも最初

モッチリング

ブログテーマに1万円かあ…高いなぁ

と正直思いました。

けど、実際に導入をしてみると、払った値段以上の価値がありました。

そもそもブログをほんとうに続けていきたいなら、ブログにかけるお金をケチって不便な思いをするなら意味がありません。

わかりやすく解説してくれている動画がこちらです。

わたしの大好きなHIKAKINさんの動画です。

動画の要点をわかりやすくまとめてくれたツイートを発見しました。

動画を見る時間がない人は、こちらを見てください。

続けていきたいもののために、快適な作業環境を整えるのは必要なことです。

「これだけお金払ったし」みたいに、モチベーションも維持しやすいです。

もしあなたがCSSを覚えたくてブログを開設したなら、カスタマイズをひとつひとつ覚えることに意味があります。

でも、誰かに何かを伝えたいと思ってブログを開設したなら、デザインに時間を取られて、記事が書けなくなってしまうのはとてももったいないです。

まとめ

わたしがブログの有料テーマを使うようになった理由とよかった点について、まとめてみました。

この記事を書いていて思ったのは、ブログテーマを買ってよかったということです。

このブログも有料テーマを入れて、デザインを整えたくらいから、モチベーションがあがりました。

やっぱり記事をアップしたときに、デザインが整っているほうが自分が見ていて楽しいんです。

無料テーマを使っていたときは「記事をアップしておしまい」なことが多かったですが、有料テーマにしてからアップした記事は自分のスマホで何度も読み返しています。

自分のブログに愛着がもてるって素敵なことです。

これも、有料テーマの「SANGO」を入れたおかげです。

ブログテーマを買おうか迷っているブロガーさんの背中を押すことができたのであれば幸いです。